レディースキャッシングを利用

キャッシングは男性優位と言われている中、「プロミス」には、女性が安心してキャッシングできるように配慮された「プロミスレディース」があります。「女性の為だけに作られたサービス」「プロミスレディース」は名前の通り、女性専用のキャッシングサービスです。

 

レディースキャッシングが始まった理由

キャッシングは男性が利用するものという感覚が強く、キャッシングをしている女性はほんの一部だと思われています。「女性がキャッシングをする」という事について後ろめたさを感じている女性も、少なくありません。しかし、最近では働く女性も増え、多くの女性が社会へ出ていくようになりました。

 

「プロミスレディース」というサービスが始まったという事は、それだけ女性の利用者も増えてきたという事を意味しています。キャッシングを始めたいけれど、不安と緊張で申込みを悩んでいる女性の為に作られたのが「プロミスレディース」です。

 

女性の為の専用窓口

女性の社会進出が増え、世の中男女平等になったといっても「消費者金融でお金を借りるなんで」という考えを持っている人も少なくありません。女性が申込をした際、担当者が男性の場合、自分の内情を、すべて話すのはちょっと抵抗があります。そんな女性の悩みに対して、プロミスが対応するために作られたのが、女性専用窓口「プロミスレディースキャッシング」です。

 

「プロミスレディースキャッシング」は、専用回線がありますし、ネットでも専用のページから利用することが出来ます。この「プロミスレディースキャッシング」は、担当者はもちろんのこと、対応する職員すべて、女性が担当しています。

 

女性特有の悩みや、女性ならではのお金に対する心配事や相談事など、直感的な感覚というのは、どうしても男性には理解できない部分があります。そこで、「レディースキャッシング」は女性どうしが、本音で話ができ、担当女性職員が、申込者の悩みをどう解決すればよいかなども、一緒になって考えてくれます。

 

受けられるサービスはすべて同じ

 

「プロミスレディース」はプロミスの一般ローンと同じ、すべてのサービスを利用することができます。

 

プロミスは即日融資に定評のある大手消費者金融ですが、その他にも様々な会員サービスがあり、多くの利用者がこれらのサービスを利用しています。


 

30日間の無利息サービスが利用できる。

30日間の無利息サービスとは、期間内に行った借入れは、無利息で借りられるサービスが利用できます。利用するためには、Eメールアドレスを登録する事と、書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択すれば、初回借入時に30日間の無利息サービスが受けられます。

 

このサービスは、初回だけでなく、会員サービスのポイントサービスを利用すれば、ポイント数によって再度利用できるようになります。このサービス期間内であれば何回借り入れをしても期間間に完済すれば無利息で利用できるのでお得感が有ります。

 

「プロミス」のキャッシングは是非会員サービスの登録を

会員サービスのひとつにポイントサービスがあります。ポイントサービスは、会員登録をし、パソコンやスマホを使ってログインするとポイントを貯めることができます。貯まったポイントを利用すれば様々なサービスが受けられます。

 

30日間無利息サービスも会員サービスの一部ですが、新たにポイントを貯める事でポイント数によって再度無利息期間が使えるようになります。また、ポイント数に応じて提携ATMが無料で利用できるなど、利用者の立場に立ったサービスが受けられます。

 

そのほかにも、

  1. 瞬フリは三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座を持っている必要が有りますが、借り入れ申し込みをすると24時間365日瞬時に振込をしてもらえます。
  2. 口フリやインターネット返済を利用すれば、すべて手数料が0円で何時でも、どこからでも返済が出来るようになります。
  3. その他「チャージ」や「返済お知らせメール」「限度額変更申込」など会員にとって便利な機能が用意されています。

 

女性専用だからと言って特別ではない

「レディースキャッシング」で申込をしても、金利や限度額の貸付条件は、通常のキャッシングと同じです。あくまで女性でも申込みがしやすいように作られたサービスなので、申込みにあたっての必要書類も、レディースキャッシングだからと、特別なものを用意する必要はありません。限度額が50万円以内なら運転免許証や健康保険証があればお金が借りられます

 

アルバイトやパートをしている女性でも、特に問題がなく一定の収入があれば審査は普通にクリアすることが出来るようになっています。「プロミス」の審査は銀行に比べて緩いという事もありますので、「今月ちょっと厳しいかも」と言う時に備えて、申込をしておいてはどうでしょうか。